バレンタインデーのお話

どーもー!チョコレートより生クリームが好きなぎっちょんです!

明後日がバレンタインという事で色々調べてたんですが、結構面白い話がありましたよ!

 

もともと、ローマ帝国の時代に若い男女は別々で生活しないと行けなっかたらしく、

2月14日に桶に自分の名前の札を入れて

当日に桶から札を引いて名前が書いてある人と翌日のお祭りを一緒に過ごすってのが発祥と言われてるらしいです!

国が開催するお見合いみたいですねw

 

で、日本でチョコを配るというのは戦後に製菓会社が販売促進の為に行ったらしいんですよねー。

それが今まで定着してるってすごいなw

 

さらに、そこからバレンタインが流行ったので色々派生していき、その代表が「ホワイトデー」ですが

他にも4月14日はオレンジを贈る「オレンジデー」、5月13日は別れを切り出すのに最適とされる「メイストームデー」なるものがあるらしいです。

しかし!この二つは社会に浸透されること無く消えたそうですwwww

ちなみにオレンジデーを考えたのはオレンジ農家さんという・・・w

 

他にも近隣の韓国では4月14日にバレンタインデーにもホワイトデーにも縁が無かった人たちが黒いものを食べる「ブラックデー」があるらしく

かなり可愛そうな日になっているとの事w

 

発祥に関しては色々諸説あるそうなのでお暇な方は調べてみてもいいかもw

 

 

以上、ぎっちょんでしたー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">